2010年04月14日

拠点アパートに大量の薬物 覚醒剤密売のイラン人の男3人を逮捕(産経新聞)

 警視庁組織犯罪対策5課などは、覚せい剤取締法違反(営利目的譲渡)などの疑いで、自称イラン国籍の無職、モハンマド・ゴラームレザイー容疑者(27)ら男3人を逮捕した。3人が薬物を保管していた東京都杉並区内のアパートからは、覚醒(かくせい)剤約130グラム(末端価格約1150万円相当)のほか、コカインや大麻などの薬物が見つかっており、警視庁は背後に密売組織があるとみて追及している。

 同課の調べでは、モハンマド容疑者らは、昨年10月30日夕、杉並区梅里の路上で、中野区の契約社員の男(37)に覚醒剤約0・2グラムを1万5千円で販売したなどの疑いが持たれている。

 同課によると、購入希望者は渋谷区内の路上で、共犯とみられるイラン人の男から電話番号が書かれたメモを受け取り、モハンマド容疑者らと連絡を取り覚醒剤を受け取っていたという。

【関連記事】
覚醒剤密輸入の容疑で2人逮捕 関西空港署など
薬物密売グループの指示役を逮捕 西武線沿線で販売
部屋にMDMA1万4千錠 大麻樹脂約105グラム 密売のコロンビア人を逮捕
死刑執行 主流は絞首刑、イランでは「石打ち」も
イラン人巡礼者4人死亡 イラク、投票日前にテロ

邦夫氏の不参加確認 平沼氏、新党結成で(産経新聞)
<山崎直子宇宙飛行士>物資搬入を再開 野口飛行士と作業(毎日新聞)
年金業務監視委の権限強化=政令に基づく組織に−総務省(時事通信)
新党、5人確保=10日に旗揚げ会見−平沼氏ら(時事通信)
民間仕分け人に選定基準…第1弾で批判受け(読売新聞)
posted by イマイ ヨシオ at 10:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。