2010年04月30日

ジャンルー・シーフ写真展 東京都写真美術館 力強く造形的なモノクロ(産経新聞)

 1960年代からファッション雑誌などを舞台に活躍した写真家、ジャンルー・シーフの未発表作品を紹介する写真展が東京・恵比寿の東京都写真美術館(地下1階展示室)で開かれている。

 シーフは「ハーパース・バザー」や「ヴォーグ」「エスクァイア」といった世界的ファッション誌の仕事で評価され、広告やポートレート、風景など幅広いジャンルで活躍した。力強く造形的なモノクロのファッション写真で知られ、日本の広告写真にも大きな影響を与えた。

 現役で活動していた2000年に急逝。没後に夫人や親しかった関係者が作品を見直して、「彼が愛し、でも過去の出版物に載る機会はなかった写真」がまとめて発表されることになった。

 会場には、マグナムに所属していたころのルポルタージュにはじまって、有名な広告写真のコマ違いのカット、印象的なポートレートなどが並び、時代を追うかたちで彼の卓越した仕事ぶりを概観できる。

 企画を担当したGIPのディレクター、倉持博さんは「回顧展ではなく、未発表新作展ができたのは、長く共に活動していたプリンター、イヴ・ブレガンさんが健在だったから。ほんとうにシーフらしい写真を並べることができた」と話す。

 150点近い未発表作とともに代表作も展示。5月16日まで、月休(GW中は無休)。観覧料一般800円。問い合わせはTEL03・3280・0099。

[ケヤキ・庭石訴訟]元助役らに7億円賠償命令 福岡地裁
仕分け結果に基づき改善策=UR賃貸住宅事業で−前原国交相(時事通信)
「こりゃ飲めない!」酷評から驚きの大豆飲料商品化(産経新聞)
平沼氏「主権回復へ自主憲法制定を」(産経新聞)
住宅など2棟全焼、80代夫婦?死亡…山形(読売新聞)
posted by イマイ ヨシオ at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。